田舎に住んでいるのでひとり一台の車は当たり前

車は一人一台

うちは田舎にあるので、仕事や買い物はほとんど車を使います。

大人になればひとり一台車に乗っている感じです。
我が家は4人家族で全員がもう大人。なので車は4台所有しています。
維持費が掛かるので全員軽自動車です。
子供は男の子はスポーツタイプの車ですが軽自動車です。
子供が大きくなると家族全員で出かけることも無いので、軽でも不便な事はありませんね。
維持費はガソリン代も掛かりますが車検や税金など、いつも何かの支払いがある感じがします。
田舎に住んでいても造成した団地なので敷地が限られています。
敷地に車を置くスペースがない家では駐車場を借りなければいけません。
今は違法駐車の取締が厳しいので、2台分の駐車場を借りると1万円はします。
都会に比べれば安いと思いますが、家計には負担ですね。
バスも走っていますが、乗るのは高齢者の方くらいです。
バスの本数が少ないので生活していくには車が欠かせません。
団地内の空き地も駐車場にして貸出している所も多いです。田舎といっても駐車場の悩みは尽きません。
車下取りの価格

友達が自動車整備で独立

整備工場開業

中学の同級生が地元で自動車整備の工場を開きました。

これまで大手自動車販売で整備をしていたのですが、その会社を辞めることをきっかけに、独立して自分でやり始めました。
まだ年齢も30代なのですが、社長としてがんばっています。
まだ従業員も一人、事務として雇っている小さな会社ですが、同じ同級生としては凄いと思いました。
当然車を扱う工場ですから、それやりの土地や建物も必要ですし、機材などでもそうとうの費用が掛かったと思います。
ですが、本人の夢であった自分の会社を起こすという熱意で色々な準備をした行動力に頭が上がりません。
どんな仕事でもリスクは当然ありますし、なにが成功するということは言えない時代ですから、不景気だからといって行動に出ないよりは、ずっと賢いのかもしれないと、私は思います。
車の販売に関しては低下していると言われていますが、友人のように整備を主に行う町工場であれば、販売メインではありませんから、リスクも低いのかもしれませんし。
私の自宅からも近いので、車の関係でお願いすることがあれば、その友人の工場に持っていき、少しでも協力が出来ればいいなと思います。


このページの先頭へ戻る